ポスティングの用紙の厚さ

ポスティングの用紙の厚さ

厚さの目安について

用紙の厚さの目安は、以下の通りです。

連量 厚さの
目安
特徴・用途
42.5kg 0.07mm 一般的なコピー用紙よりかなり少し薄い用紙です。
何百万部と大量印刷し、コスト削減する場合に使用されます。
55kg 0.08mm 一般的なコピー用紙より少し薄い用紙です。
部数は少し減って何十万部と印刷される場合によく使用されます。
70kg
73kg
中厚口
0.08~0.10mm 一般的なコピー用紙とほぼ同じ厚さです。
地域密着の数万部と印刷される場合によく使用されます。
90kg
厚口
0.09~0.13mm チラシやフライヤー、カタログなどの冊子の本文用紙に良く使われます。
一般的な折込チラシより少し厚いので、ちょっとしっかりしたチラシを作りたい場合にオススメです。
105kg
110kg
特厚口
0.10~0.16mm ある程度しっかりした厚みがあります。
商品パンフレットや会社案内によく使用されます。
ポスターや厚めのフライヤーにもオススメです。
130kg
135kg
0.13~0.19mm しっかりした厚みがあります。
冊子の表紙やポスター、商品パンフレットなどによく使用されます。
150kg
180kg
0.21~0.26mm 郵便ハガキとほぼ同じ厚さです。
DMやポストカード、冊子の表紙によく使用されます。
220kg 0.25mm ハガキよりも厚く、かなりしっかりとした厚さです。
ポストカードはもちろん、ページ数の多い冊子の表紙にもオススメです。

新聞折込の場合は1日に何十枚と購読者に届きますのでしっかりとした厚手の紙よりコート53kgほどの印刷が一般的ですが、
ポスティングの場合は1つの家庭に3種類くらいの広告の投函となりますので少し厚手でしっかりとした紙の厚さのがベターである。
重さによってポスティングの費用も割高になりますが、重さで言うと100kg以上の厚手の用紙のが理想です。
使い分けるとすれば折込広告は薄く、ポスティング広告は厚くが良いでしょう。
よく折込とポスティングの印刷物が同じ場合があります。
印刷費用を考えれば一緒に印刷した方が安価になりますが目的は「反響」「利益」である以上、使い分けが必要です。
ポスティングの最大の利点はポストに入る物なら依頼が出来ますのでその利点を生かす事を検討しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です